出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 山口でniptが受けられるクリニック

山口でniptが受けられるクリニック

このページでは、山口県にある2つのnipt 検査施設を紹介します。nipt 検査を山口県内で検討している方は参考にしてください。

【niptクリニックナビが独・自・調・査】
山口でniptを受けるための注意点とは?

山口県内でniptが受けられる施設は、当サイトが調べた限り2つです。1つめは、日本医学会が認定した山口県唯一のnipt 検査医療機関「山口県立総合医療センター」。そしてもうひとつが「NIPT平石クリニック」提携クリニックの「すさクリニック」です。

山口県立総合医療センターは、出産時に35歳以上であることなどいくつか条件があるので注意しましょう。さらにかかりつけの医師からの紹介状も必要になるため、事前に主治医に相談する必要があります。

すさクリニックはそのような条件なしに受検できます。広い県内にnipt検査を受検できる施設が2つしかないため、検査当日に不備があって出直すことがないように準備してください。

山口でniptを受ける前に…

山口県でniptを受検する前に知っておきたい3つのポイントを紹介します。

検査をしている病院でも認可と認可外がある

niptの検査機関には、日本医師会や日本産科婦人科学会に認可した施設と、それ以外の認可外施設があります。山口エリアの場合、山口県立総合医療センターが認可施設、すさクリニックが認可外となります。

日本医師会が臨床研究の一環としてスタートした認可施設のniptは、下記のような検査対象の条件があり、これらに当てはまらないと検査できません。

認可外の施設は、とくに対象者を限定していないので、希望すれば誰でも受検できるのが特徴です。遺伝カウンセリングの有無は、施設によって異なります。

山口エリアでのniptの費用はどう?

全国的にniptの検査費用は、20万円前後が平均です。山口県内では2020年10月現在「山口県立総合医療センター」が約21万円、「すさクリニック」が18万円(基本検査)なので、ほぼ相場価格と言えるでしょう。

niptを受けることで起こりうるリスク・デメリットは?

母体から採血するだけのniptは、お母さんとお腹の赤ちゃんに身体的ダメージを与えることはありません。しかし、もしniptの結果が陽性だった場合、妊婦さんとその家族は厳しい選択を迫られることもあるでしょう。

また山口県でniptの検査ができる施設は2カ所のみです。2つの医療施設から遠方に住む妊婦さんは、身体的に移動が大変なので、ご家族の協力が必要かもしれません。

すさクリニック

当日予約:記載なし

年齢制限:なし

陽性のときの羊水検査:自己負担なし

結果までの日数:最短6日

住所 山口県萩市須佐1384-1
アクセス 山陰本線「須佐駅」より徒歩7分
  1. 山陰本線須佐駅からは車で5分程の距離です。
  2. 須佐駅から目の前の国道191号線を左手に進みます。
  3. ひとつめの信号を左折して直進します。
  4. その後、特別養護老人ホーム「すさ苑」を目指すとわかりやすいでしょう。
niptの費用 (A)基本検査費用:180,000円(税抜)
・13,18,21トリソミー検査
・性染色体検査
・性別判定
(B)全染色体検査費用:210,000円(税抜)
・1番~22番トリソミー検査
・性染色体検査
・性別判定
(C)微小欠失検査費用:230,000円(税抜)
・1番~22番トリソミー検査
・性染色体検査
・微小欠失検査(1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、プラダー・ウィリ症候群、アンジェルマン症候群、22q11.2欠失症候群)
・性別判定
予約
お問い合わせ
0120-220-944(予約センター)

すさクリニックのここに注目!

萩市須佐にある「すさクリニック」は、国内に複数のネットワークを持ち、『新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査』において提携医院全体で受診した妊婦さんの満足度97%を獲得※している「NIPT平石クリニック」の提携クリニックです。内科と外科、脳神経科を専門にしていますが、nipt検査も受け付けています

niptの予約は、NIPT平石クリニックの中国・四国エリアにあるすさクリニックの予約センターに電話、またはネットで簡単に入れられます。年齢制限がなく、妊婦さん本人が来院して採血するだけです。結果は最短であれば6日後にメールで送られてくるため、再来院する手間もありません。

万が一陽性だった場合は、その後の確定検査費用は自己負担なく羊水検査が受けられます。

火曜と木曜しか診療していないようなので、検査日は限られてしまうでしょう。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年1-7月,新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査。

すさクリニックのnipt検査の流れ

  1. すさクリニックは東京のnipt平石クリニックと提携してniptを実施しています。
  2. 平石クリニックの申し込みフォーム、または電話でnipt受検の予約を入れてください。
  3. 予約した日時にクリニックへ行って、問診を行った後に採血します。
  4. niptの結果は1週間ほどでメールで報告されます。クリニックへ再度訪問する必要はありません。

すさクリニックの口コミ・評判

すさクリニックの口コミは見つかりませんでした。

すさクリニックに在籍している医師

すさクリニックに在籍している医師の情報は得られませんでした。

すさクリニックの外観・院内の様子

のどかな自然のど真ん中にあるすさクリニック。平屋建てのクリニックの裏手は森林があり、須佐川がすぐ下に流れているような立地に構えています。

WEB予約はこちら
すさクリニック

※提携先クリニック
「NIPT平石クリニック」の専用ページに移動します。

TEL予約はこちら
0120-220-944

山口県立総合医療センター

当日予約:記載なし

年齢制限:出産予定日に35歳以上

陽性のときの羊水検査:自己負担

結果までの日数:約2週間後

住所 山口県防府市大字大崎10077番地
アクセス JR防府駅てんじん口(北口)よりバスで12分
「県立総合医療センター前」下車
  1. JR防府駅のてんじん口(北口)のバス3番乗り場へ向かいます。
  2. JRバス「総合医療センター・自由が丘」行きのバスに乗車してください。
  3. 乗車時間は約12分です。県立総合医療センター前で下車します。
niptの費用基本検査+初診料:210,000円(税込)
遺伝カウンセリングのみ:15,000円(税込)
お問い合わせ0835-22-4411

山口県立総合医療センターのここに注目!

山口県立総合医療センターは、日本医学会が認定した山口県唯一のNIPT検査医療機関。県内沿岸部のほぼ中央に位置する防府エリアの基幹病院として、地域医療を担っている総合病院です。そんな山口県立総合医療センターの総合周産期母子医療センターで、nipt検査を実施しています。

対象者は35歳以上の妊婦さんや、過去に染色体異常の赤ちゃんを妊娠したことがある方、担当医から検査を受けたほうがよいと薦められた方です。NIPT検査は完全予約制で、現在の主治医が直接医療センター地域医療連携室宛てに紹介状をFAXして行います。

電車を利用する場合はJR防府駅よりバスで約12分、「県立総合医療センター前」で下車します。専用駐車場も完備しています。

山口県立総合医療センターのnipt検査の流れ

  1. かかりつけ医を通して所定の書類を地域医療連携室にFAXして予約します。
  2. 事前に遺伝カウンセラーから電話による問診があります。
  3. 夫婦による遺伝カウンセリングを受診します。
  4. カウンセリング受診は水曜日の午前に行い、ふたりとも承諾したら母体から採血します。
  5. 2~3週間後にnipt結果のための遺伝カウンセリングを受診して報告を受けます。

山口県立総合医療センターの口コミ・評判

山口県立総合医療センターに在籍している医師:佐世 正勝先生

山口県立総合医療センターの総合周産期母子医療センター長と遺伝診療科診療部長を兼任している佐世医師は、山口大学医学部で臨床教授も務めている医学博士です。日本産科婦人科学会や超音波、周産期、人類遺伝学学会などの専門医や指導医の資格も取得しています。高齢出産などで不安を抱く妊婦さんに対し、遺伝や妊娠・胎児についての正確な情報を提供し、納得できる選択へ導くために一緒に考えてサポートしていくこと目指しています。

山口県立総合医療センターの外観・院内の様子

背中に小山を背負うように建っている山口県立総合医療センターは、アイボリーカラーの地上7階建ての建物です。正面玄関の左手にはイートインができるタリーズコーヒーがあります。

受付や会計清算機などが並んでいるエントランスロビーは、2階分の吹き抜けと暖色系の内装をベースにした落ち着きあるインテリア。メタリックなオブジェもありモダンな印象を与えてくれます。コンビニのセブンイレブンと、食堂は地下1階に設置されています。地下とは言っても窓からの採光があるため明るい雰囲気です。

WEB予約はこちら
山口県立総合医療センター

TEL予約はこちら
0835-22-4411