出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 出生前診断に関するトピックス一覧 » 【心配して夜も眠れない!?】nipt結果待ちのときの過ごし方

【心配して夜も眠れない!?】nipt結果待ちのときの過ごし方

心身ともに準備すべきことをしっかりやって受けた検査であっても、どうしたって不安はつきもの。ましてやお腹の中の大切な赤ちゃんのことですから、心配で夜も眠れないというのも当然のことです。それでも、不安がどんどん大きくなってストレスを抱え、心身のバランスを崩してしまうわけにはいきません。

世の妊婦さんたちはどうやってその不安な時期を乗り越えていったのでしょうか。以下に、声の多かった4つの方法をご紹介します。

【1】まずは気持ちを切り替える

難しいようで最も単純なことは「気持ちを切り替える」ということ。結局、もう受けてしまった検査なのですから、いくら悩んでも結果は変わらないのです。あれこれ考えたとしても、逆に何とか忘れようとしても、どちらも思考の深みにはまってしまうかもしれません。まだ見ぬ検査結果よりも別のことで気を紛らわせましょう。

妊娠してもお仕事を続けている妊婦さんであれば、目の前の仕事に集中し、今やるべきことに力を注ぐこと。これは仕事をしている人であれば、妊娠中であろうが検査結果待ちであろうが果たさなければならない責任ですよね。

お仕事をしていないのであれば、趣味でも何でも構いません。好きなことに熱中してはいかがでしょうか。気晴らしに友人と外出するなどの気分転換も大切です。

【2】赤ちゃんの病気について調べ過ぎない

検査結果を気にするあまり最悪の事態を想定してしまい、パソコンやスマホにかかりきりで赤ちゃんの病気について調べ過ぎてしまう…。
現在は実にたくさんの情報がネット上に流れていますので、そんな情報の洪水に溺れるように不安の渦に巻き込まれてしまう人は多いものです。

あえて言いますが、多くの妊婦さんは「医療の専門家」ではありません。ネット上に流れる大量の情報のうち、どれが正しい情報なのか判断できる人は少ないはずです。調べたくなる気持ちはよくわかりますが、それによって不安が増してストレスを抱えるくらいならやめたほうがいいでしょう。

どんなに調べたとしても検査結果は変わらないのだと割り切ったほうがいいのです。

【3】相談相手として頼れる人はいませんか

改めて言うことではないかもしれませんが、心配事や不安なことは身近な人に聞いてもらうことが最も効果的です。ご家族や信頼できる友人など、安心して話を聞いてもらえる人がいれば何より心強いものです。不安の渦中にいるときは、意外にも「誰かに聞いてもらう」という選択肢が浮かばずに、一人孤独の中で苦しんでしまうケースが多かったりします。

そんなときは負の思考をストップして周りを見回してみましょう。相談相手として頼れる人はいませんか?

nipt結果待ちのときの過ごし方

結果が早く出る施設を選ぶ

「悩んでも仕方がない。結果が出てから考えればいい」、そう割り切れたとしても、それでも結果は早く知りたいですよね。不安な時間は短ければ短いほどいいのは当たり前のことです。なので、単純に検査結果が出るのが早い医療施設でniptを受けるのも重要なカギです。

niptの検査分析は外部機関に委託している医療施設がほとんどで、結果が出るまでに要する日数もさまざまです。そこは検査を受ける前に施設に確認しておきましょう。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます