出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 出生前診断に関するトピックス一覧 » niptの遺伝カウンセリングとは

niptの遺伝カウンセリングとは

一般的な定義で言えば、カウンセリングとはカウンセラーがクライアントの悩みや問題点を共有し、お互いに協力して問題の解決を目指す共同作業と言えます。
遺伝カウンセリングも同様で、クライアントである妊婦さんやそのご家族が遺伝カウンセラーからの専門的な情報提供や検査のコーディネイトによって自律的な選択ができるように援助したり、遺伝に関する不安や苦悩を共有して解決を目指す行為が遺伝カウンセリングと言えるでしょう。

遺伝カウンセラーとはどのような資格なのか

遺伝カウンセラーは、遺伝医療を必要としている患者さんやご家族に対して、適切な遺伝情報や社会の支援体制を含むさまざまな情報提供を行ない、心理的、社会的サポートを通して当事者の自律的な意思決定を支援する保健と医療の専門職です。遺伝カウンセラーとなるためには、看護師や保健師、臨床心理士などの専門職が遺伝カウンセリングについて一定の実地修練を積んだ後に資格認定されることが必要で、最新かつ専門的な知識、技術の習得などさまざまな要件があります。

なぜ遺伝カウンセリングが必要なのか

先に述べた日本産婦人科学会の指針などでも、検査の前後において検査の意義の説明と遺伝カウンセリングを十分に行ったうえでniptを実施するよう強調されています。

その内容は染色体異常についての情報や検査の特徴、結果の解釈方法、次の段階となる確定検査の説明など多岐にわたりますが、何より遺伝カウンセリングで最も強調すべき大事なことは、「生まれてくる赤ちゃんは誰でも先天性異常などの障害を持つ可能性があり、それは個性の一側面といえ、幸か不幸かという間にはほとんど関連はない」ということです。遺伝カウンセリングの必要性における最大のポイントはここにあります。

niptの遺伝カウンセリングとは

インフォームドコンセントとの違い

医療施設でよく耳にする言葉に「インフォームドコンセント」というものがありますが、これはカウンセリングとは似ているようで違います。

インフォームドコンセントは「説明と同意」という意味で使われることが多く、治療内容や検査内容などを医療者が説明して、それを行なうことに患者さんが同意する、といった手続きのひとつです。しかし、カウンセリングの場合は、いくら丁寧に説明して同意を得たとしても、それはカウンセリングとは言えません。

遺伝カウンセリングにおいて、前述のように「障害は子どもの個性の一側面でしかなく、障害という側面から子どもを見るのは誤りである」ということの大切さはいくら強調してもしきれませんが、しかしそれをいくら説明して強調しようとも「説明と同意」の域を超えるものではないでしょう。
遺伝カウンセリングの目的は、「障害は個性の一側面である」という認識によって、クライアントである妊婦さんの行動変容を引き起こすことなのです。こういうふうに考えれば、インフォームドコンセントとの違いだけではなく、遺伝カウンセリングの必要性と難しさがおわかりいただけるかもしれません。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます