出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 出生前診断に関するトピックス一覧 » 医師や看護師が教えるniptの知識

医師や看護師が教えるniptの知識

医師(看護師)が教えるniptの知識

このサイトでは、どちらかというと実際に検査を受ける妊婦さんの立場からの視点でお話をさせていただきました。ところで、検査を提供する側の医療スタッフは、niptに対してどのような知識を持ち、どのようなスタンスでいるのか、そしてもし自分が妊婦さんだったとしたら…?そんな思いを確かめるため、実際に現役の医療スタッフにインタビューしてみました。

40代の医師。医師としてのスタンスと個人の考えは違います。

新型出生前診断niptについて、医師の立場としては基本的に肯定的なスタンスです。妊婦さん全員が受ける必要はないでしょうけれど、医学としてそういう技術が確立されていて、そして妊婦さん本人が受けると判断して希望するならば構わないと思います。でも、中国での産み分け問題のような社会的な騒ぎに発展してはいけませんから、何らかの基準は必要だと思いますが、そういう基準を設けるのはやっぱり難しいのかな、とも考えてしまいますね。

ところで、もし自分が妊婦さんの立場だとしたら、検査は受けません。たとえ遺伝子異常だとしても我が子には違いないので、検査で病気がわかったところで何も変わらないと思っています。それに、自閉症のようにダウン症よりもずっと大変な病気があったとしても出生前診断ではわからないので、検査を受けることに大きな意味を見出すことができないという思いもあります。あくまでも個人的な意見ですが…。

40代の看護師。niptは悪いものではないと思う。

出生前診断については難しい問題ですが、私個人としては悪いものだと思っていません。だからと言って素晴らしいものだとも思いませんが、ひとつの選択肢として存在する、この程度の位置づけで今はいいのではないでしょうか。

自分が妊婦さんだとして、検査を受けて治療が困難な染色体異常が赤ちゃんにあるとわかったら、産まない選択をすると思います。障害を抱えた子どもを育てるのは本当に大変だとわかっていますし、普通はそういう子どもを遺して親が先に死ぬことになりますから。自分に限らず、ほとんどの人がそうするのではないかと思います。

生まれていなくても命ある子どもを親のエゴで殺すのか?それが倫理的な問題になっているのだろうと思いますが…そもそも医学が進歩しすぎて起きた問題ですよね。病気の早期発見、早期治療に貢献しているのでしょうが、それよりも倫理的な部分が目立つのかな、と。

身も蓋もない言い方をしてしまうと、現時点での日本人の死生観では取り扱い不可能ではないでしょうか?これから徐々に変わっていくと私は思います。

30代の看護師。他の診療科から見える印象

私は産婦人科に勤務しているわけではありませんが、個人の考え方としては、検査に対する「いい」「悪い」という問題は誰にも答えられないと思っています。

そういった見方とは少し話がずれてしまいますが、新型出生前診断niptでは、検査を受けさせたらそれっきりで後のフォローが何もない、本当に検査だけする施設もあるというふうに聞きます。私たち他の診療科のスタッフから見ると、検査をやるだけやって後は知らんぷりなんてあり得ないことだと思います。出生前診断のようにいろいろな意味で難しい検査には、検査前後の万全のフォロー体制が欠かせないと思うので、そのあたりの整備をしっかり行なうことが必要ではないでしょうか。

医師と看護師が教えるniptの知識

50代の看護師。新生児科勤務の経験から

新型出生前診断niptに関しては、こればかりは個人の倫理観や生活観、人生観によって受け止め方は違うでしょうね。私たちナースもそうですし、ドクターだって産婦人科医と小児科医の立場は違うと思います。

私は新生児科に勤務してきて、そういう染色体異常のお子さんを授かったご家族をたくさん見てきましたが、その壮絶ともいえる大変さを目の当たりにすると、出生前診断を一概に「命の選別」と批判することはできないと感じます。もちろん、染色体異常の子どもを授かっても幸せに過ごしている家族も知っていますが、そういう人たちにとっては、出生前診断イコール「命の選別」に見えてしまうのかもしれませんね。

30代元看護師。niptは軽い気持ちではいけない

医療の進歩により、妊娠早期からさまざまな胎児疾患のリスクを評価できるようになったことで、多くの妊婦に安心を与えることができるようになりました。女性の社会進出により高年妊婦が増え、胎児異常の疑いのある妊婦が増加していることは事実です。そのような中で早期にniptを受け、安心して妊婦生活を過ごすことができることは、妊婦とその家族にとってかけがえのないものです。しかし、忘れてはならないのは、胎児異常が発見される可能性もあるということです。胎児異常が早期にみつかることで、母体と胎児に適切で最善な治療を行うことができます。しかし、親として当然の願いである「健康に産まれてきてほしい」という願いがかなわないという衝撃を両親はつきつけられることになります。そのため、軽い気持ちでniptを受けるべきではないと考えています。しっかりと遺伝カウンセリングを受け、いい結果だけでなく、悪い結果がでることも理解したうえで、自分たちはどうしたいのかを考えておくべきです。

妊娠が分かったときも誕生のときも、新たないのちを迎える夫婦は喜びと不安が錯綜するものです。不安があることは、子どもの幸せを願えばこそだと思います。目の前の命について真剣に向き合い、夫婦で思いを共有すること、そのことが何よりも大切だと思います。

医療従事者にインタビューを終えて

いかがでしたでしょうか。このように、現場で働く現役の医療スタッフにおいても、さまざまな考え方やスタンスがあることがおわかりいただけたと思います。いわば、決められた答えのない問題と考えてもいいでしょう。妊婦さんそれぞれが考え抜いて決断した結果が、その妊婦さんにとっての答えなのです。その結果を誰も責めることはできません。

このインタビューではテーマがテーマだけに重たい話、はっきり言葉にしにくいであろう話もありました。でも本当に現実的な意見ともいえます。この内容がどうかあなたの参考になることを願っています。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます