出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 出生前診断に関するトピックス一覧 » 出生前診断の費用について

出生前診断の費用について

お腹の中の赤ちゃんに、染色体異常などの先天的な病気がないかを調べるのが出生前診断です。染色体異常が起こる確率は、妊娠・出産年齢が高くなるほど上がりますので、高齢出産を控えた妊婦さんは多くが出生前診断を受けるかどうかを検討されます。

安心のマタニティライフを送りたい、赤ちゃんを迎える準備をしたいと願う妊婦さんは、出生前診断にはさまざまな種類があること、それぞれの料金形態があることを覚えておきましょう。

出生前診断の費用

各出生前診断の費用一覧

nipt 平均200,000円
NT 平均2,000円~10,000円
母体血清マーカー 平均20,000円~30,000円
コンバインド検査 平均30,000円~50,000円
胎児ドック 平均150,000円~200,000円
羊水検査 平均100,000円~200,000円
絨毛検査 平均100,000円~200,000円

niptの費用

平均200,000円

新型出生前診断「nipt」を実施できる医療機関はずいぶん増えてきましたが、その料金設定もさまざまです。
検査料金の他に初診料や遺伝カウンセリング料金などがかかる医療機関も多いので、詳細な確認が必要です。

NTの費用

平均2,000円~10,000円

超音波で赤ちゃんの項部(首の後ろ)のむくみの厚さを調べる検査です(NTとは?参照)。
超音波検査装置の進歩は目覚ましく、今ではお腹の赤ちゃんの立体動画を映し出すことができる装置もあります。装置のグレードによって料金を設定している医療機関もあるようですが、赤ちゃんの様子を鮮明に見られることはお母さんにとっても嬉しいことですね。

母体血清マーカーの費用

平均20,000円~30,000円

妊婦さんから採取した血液中の3つないし4つの成分を測定して、赤ちゃんが染色体異常などの先天性疾患である確率を算出するスクリーニング検査です(母体血清マーカーとは?参照)。
この検査でわかるのはあくまでも「確率」であり、確定診断のためには羊水検査などの確定検査が必要になります。

コンバインド検査の費用

平均30,000円~50,000円

NTと母体血清マーカーを組み合わせて行なう出生前診断検査のひとつです。この検査も結果は確率で示される非確定検査ですので、どんな結果が出たら確定検査を受けるのか、ご家族や専門家に相談するなどあらかじめしっかり考えておいて、心の準備をしておいたほうがいいでしょう。(コンバインド検査とは?参照

胎児ドックの費用

平均150,000円~200,000円

複数の検査を組み合わせ、妊娠時期ごとの出生前診断を包括的に行なう、パッケージ的な検査と考えてよいと思います。羊水検査などの確定検査を併せて行なう場合は、別途費用がかかることを考えておいた方がいいでしょう。(胎児ドックとは?参照

羊水検査の費用

平均100,000円~200,000円

出生前診断では代表的な確定検査のひとつです。ほぼ100パーセントに近い確率で赤ちゃんの染色体異常の有無を調べることができますが、お腹に針を刺して羊水を採取するので超音波検査や血液検査にはないリスクを伴います。(羊水検査とは?参照

絨毛検査の費用

平均100,000円~200,000円

羊水検査と同じく確定検査のひとつですが、絨毛検査はより妊娠早期に実施することができます。ただし、羊水検査よりも高いリスクを伴いますので、検査を受けるにあたっては慎重な検討が望まれます。(絨毛検査とは?参照

出生前診断の費用についてのまとめ

繰り返しになりますが、出生前診断の費用は医療機関によって設定が違います。検査を受ける前にはもちろん妊婦さんやご家族の結果に対する心構えをしっかり整えておくことが大切ですが、費用に関してもきちんと確認しておきましょう。
医療機関によっては検査に付随するカウンセリングや診察料、結果説明料などが別途かかる場合もありますので、まずは施設に確認を!

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます