出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 出生前診断に関するトピックス一覧 » 【出生前診断の種類】絨毛(じゅうもう)検査とは?

【出生前診断の種類】絨毛(じゅうもう)検査とは?

絨毛検査は、羊水検査と同じく確定検査と位置づけられており、超音波検査や血液検査と違って検査感度が高く、基本的にはほぼ確実な結果を得ることができます。羊水検査に比べて妊娠のより早い時期に結果を得ることができ、また、絨毛は胎児由来の細胞なので検査で採取できる細胞量が多く、遺伝子検査などにも向いています。

絨毛検査の内容

絨毛検査の方法は2種類あり、ひとつは経腹法、もうひとつは経膣法です。どちらもまず最初に超音波検査で胎児の発育の状態や明らかな異常の有無を調べ、胎盤の位置を確認しますが、経腹法と経膣法のいずれを選択するかは胎盤の位置によって決まります。
経腹法は胎盤が子宮の底部や前壁に付着している場合に、お腹に細い針を刺して注射器内に絨毛を回収して採取する方法です。経膣法は胎盤が後壁や、前壁でも子宮頸管に近い部位に付着している場合に、専用の鉗子(組織をはさむ、刃のない鋏のような器具)を用いて採取する方法です。

採取された絨毛は、培養されて染色体の数や形などを調べられます。

絨毛検査の費用

この検査も費用は医療機関によってばらつきがありますが、概ね100,000円~200,000円と考えていいと思います。

絨毛(じゅうもう)検査とは?

絨毛検査の副作用・リスク

絨毛検査は流産のリスクが1パーセント程度と言われており、羊水検査のリスクよりも高くなります。(羊水検査の流産のリスクは0.3%程)
これは検査が危険と考えるよりも、妊娠週数が早いほど流産することが多いために羊水検査よりも早期に実施する絨毛検査では流産が自然と多くなる、と考えたほうが適切でしょう。従って、検査が原因で流産するリスクは羊水検査と同じくらいだとしても、実際に流産する可能性は絨毛検査のほうが高くなります。また、羊水検査と同じように出血や破水などが起こる可能性もあります。まれに針が腸に刺さったり、鉗子が子宮筋層を貫通するなどして重症感染症などの深刻な合併症が生じる可能性も完全には否定できません。

さらに、絨毛は厳密に言えば胎児の細胞ではなくて胎盤の細胞なので、必ずしも胎児と同じではありません。そのため、胎児は正常であるにも関わらず胎盤にだけ染色体の変化が生じる「胎盤限局モザイク」という状態が結果として表れることがあります。確率としては1パーセント程度ですが、その場合は胎児は正常か異常か判断できないため、改めて羊水検査を実施しなければなりません。

それから副作用やリスクというわけではありませんが、絨毛検査は羊水検査に比べて手技が難しく、実施できる医療機関が限られるという面もあります。

絨毛検査に関するまとめ

絨毛検査は1980年代から90年代にかけて国内で広く普及しました。他の遺伝子解析検査法の普及や流産リスクの高さなどもあって国内ではあまり実施されなくなった時期がありましたが、この数年で再び実施数が増加してきています。これには原因遺伝子が判明した先天性疾患が増えたことや、NTなどの妊娠初期のスクリーニング検査によって早期に染色体の検査を希望する方が増えてきたことが関係していると考えられます。 いずれにしても、他の出生前診断と同様に、リスクだけではなく妊婦さんの不安とストレスによる影響があることには変わりありません。検査を受けるにあたっては、あらゆる要素を考えて慎重に検討していただきたいと思います。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます