出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 出生前診断に関するトピックス一覧

出生前診断に関するトピックス一覧

ひと口に出生前診断といっても、その検査にはさまざまな種類とメリット・デメリットがあります。まずは検査に関する基礎知識や検査の流れなどについて知っていただきたいと思います。

出生前診断の基礎知識

出生前診断とは、出産前にお腹の中の赤ちゃんの状態を調べ、染色体異常などの有無について把握するための検査の総称です。生まれてくる赤ちゃんの状態に合わせた分娩方法や療育環境を整えておくことを主な目的として、妊婦さん本人の希望に基づいて実施されますが、その検査には大きく分けて「非確定検査」と「確定検査」の2種類があります。非確定検査は、赤ちゃんの病気の「可能性を評価する」ための検査、確定検査は赤ちゃんの「診断を確定させる」ための検査と考えればわかりやすいかもしれません。

ちなみに、当サイトの本題である新型出生前診断niptは、非確定検査のひとつに位置づけられます。

最近では、まず初めに非確定検査を受けて赤ちゃんの病気の可能性があると指摘された場合に、引き続き確定検査を受けるという流れがスタンダードになってきています。
例えば、仮に新型出生前診断niptで陽性(病気の可能性がある)と判定されたら、次は確定検査である羊水検査を受けることが推奨されている、という流れがこれにあたります。
もし陽性と判定されたら、それは妊婦さんにとっては不安でたまらないことですから、メンタル面へのダメージから体調を崩してしまうこともあり得ます。ですが、羊水検査などの確定検査は実施に適した時期が決まっており、場合によっては中絶時期にも影響してくることを考えると、不安な思いを抱えながらも事を急がなければならないケースは少なくありません。

参考までに、niptが陽性だった場合は羊水検査の費用を全額負担してくれるクリニックもありますので、費用面などは検査を受ける前にきちんと確認しておくことが必要です。

それでは、出生前診断の種類や見方、そして妊婦さんが知っておきたい情報やお話を紹介していきましょう。ひとりでも多くの妊婦さんに出生前診断に関する知識を学んでいただき、納得のいく選択をしてもらえることを願っています。

【出生前診断の種類】NTとは?

NTとは?

通常の妊婦健診でも使用される超音波検査(エコー)で、お腹の中の赤ちゃんの首の後ろの厚みをチェックする検査。母体にも胎児にも負担の少ない、出生前診断の代表的なひとつです。

【出生前診断の種類】母体血清マーカー(トリプルマーカー,クアトロテスト)とは?

母体血清マーカーとは?

妊婦さんの血液を採取して、特定のホルモンやタンパク質の濃度を分析する出生前診断のひとつ。この検査は染色体異常のほか、開放性神経管奇形(二分脊椎など)のリスクも評価できるという特徴があります。

【出生前診断の種類】コンバインド検査とは?

コンバインド検査とは?

コンバインドという名の通り、NTと母体血清マーカーのふたつを組み合わせた複合型の出生前診断です。血液検査の数値的観点、超音波検査の画像的観点、両方の面から赤ちゃんの病気の可能性を探ります。

【出生前診断の種類】胎児ドックとは?

胎児ドックとは?

赤ちゃんが生まれてくる前に、大人が受ける人間ドックのように全身的な検査を行なう「胎児ドック」。妊娠周期に合わせて検査をスケジュールし、赤ちゃんの状態を詳しく把握していきます。

【出生前診断の種類】羊水検査とは?

羊水検査とは?

妊婦さんの羊水を検査して、赤ちゃんの染色体異常をほぼ完全に調べることができる確定検査です。その反面、お腹に針を刺すので負担が大きく、わずかながら流産のリスクがあることも忘れずに。 

【出生前診断の種類】絨毛(じゅうもう)検査とは?

絨毛(じゅうもう)検査とは?

胎盤にある絨毛を採取して赤ちゃんの染色体異常を調べる検査。羊水検査と同じく確定検査で、妊娠早期に検査可能ですが、この検査も妊婦さん、赤ちゃんへの身体的な負担が伴います。

出生前診断の費用について

出生前診断の費用

出生前診断の種類によって、そして施設によっても違いがある検査費用。皆さんが思っている以上に差があるかもしれません。やっぱりお金の話も大事ですから、どのくらいかかるのかはきちんと調べておきましょう。

出生前診断が受けられる時期とは

出生前診断が受けられる時期

検査の種類によって受けるのに適した妊娠周期が違うのも出生前診断の特徴です。検査予約のタイミングに影響することもありますので、時期を逃すことのないように、そのあたりもしっかり理解しておきましょう。

出生前診断でわかることとniptでわかること

出生前診断でわかることとniptでわかること

基本的に出生前診断は染色体異常など、赤ちゃんの先天的な病気について調べるものですが、検査の種類によって調べることのできる病気は変わってきます。例えばniptは3種類の染色体異常が対象ですが、その他の検査についてはどうなのでしょうか。

新型出生前診断(nipt)はなぜ年齢制限があるのか

新型出生前診断(nipt)はなぜ年齢制限があるのか

「日本産婦人科学会では新型出生前診断niptに年齢制限があるみたい、でもそれはどうして?」「年齢制限がないクリニックもあるって本当?」検査の年齢制限をめぐる業界の流れやエピソードを紹介します。

詳しく知りたい!niptの的中率について

niptの的中率

新型出生前診断niptの陰性的中率は99.99パーセント。数字で聞くと素晴らしい的中率に感じますが、的中率とはどのように考えればいいのでしょうか。検査の精度についてのお話です。

niptにおける認可と認可外の考え方

niptにおける認可と認可外

関連メディアでも話題に挙げられる「認可施設」「認可外施設」の問題。そもそもその二つの違いは?認可の条件は?認可外施設って法律違反なの?気になるそんな疑問について調べてみました。

NIPTコンソーシアムとは

NIPTコンソーシアムとは

新型出生前診断niptを受けるなら認可施設で——。
そう提言するNIPTコンソーシアムは、検査実施にあたっても厳しい施設条件を提案している専門家団体です。その指針と目指している姿はどのようなものなのでしょうか。

niptの遺伝カウンセリングとは

niptの遺伝カウンセリングとは

niptを実施する多くの医療施設で行われている「遺伝カウンセリング」。これをきちんと受けるよう推奨されていますが、そもそもどんな人がどんなカウンセリングをしてくれるのか、なぜそれが必要なのかを理解しておきましょう。

産婦人科医から見るniptとは

産婦人科医から見るniptとは

従来から出生前診断にはどうしても倫理的な問題がつきもので、これを避けて通ることはできません。各団体にも医師個人にもそれぞれの主張があります。それでは、niptを勧めない産婦人科医の思いとは?

【心配して夜も眠れない!?】nipt結果待ちのときの過ごし方

nipt結果待ちのときの過ごし方

もし陽性だったらどうしよう…どんなに覚悟を決めて受けた検査だとしても、結果が出るまで不安を覚えずに過ごせる妊婦さんはいません。どうやって過ごせばいいのか、少しでも気持ちが楽になれるようにちょっとしたアドバイスを。

【niptの相談は誰にする?】家族での話し合いの時間を持とう

【niptの相談は誰にする?】家族での話し合いの時間を持とう

検査を受けるかどうするか、結果にどう向き合うか——そう考えるだけでも膨大なエネルギーを要する出生前診断ですが、妊婦さんひとりで抱え込んで悩まないで。あなたには、家族という頼りになる存在があります。

【みんなはどう考えてる?】niptに関する先輩妊婦さんの口コミ

【みんなはどう考えてる?】niptに関する先輩妊婦さんの口コミ

妊婦さん本人、パートナー、ご家族、いろんな人たちの思いが寄せられる妊娠時期に、出生前診断のことが絡んでくるのはとても悩ましいもの。そんな時期を過ごしてきた経験談を、貴重な先輩妊婦さんの声として紹介します。

【2019年版】niptの最新ニュースを読み解く

【2019年版】niptの最新ニュースを読み解く

【2019年版】niptの最新ニュースを読み解く

niptは導入当初から賛否両論あり、妊婦さんにもいろいろな考え方があるように、業界での議論も終わりがないように思えてしまいます。現在の状況を最新のニュースから読み解いてみましょう。

医師と看護師が教えるniptの知識

医師と看護師が教えるniptの知識

実際に検査を提供する側である医療スタッフは、出生前診断にどんな思いを抱いているのでしょうか。そして、もし自身が妊婦さんの立場ならどうするか?現役医療スタッフの本音を探るべくインタビューしてみました。