出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 東京でniptが受けられるクリニック » 東京大学医学部附属病院(東大病院)

東京大学医学部附属病院(東大病院)

国内でもトップレベルの最先端医療技術と設備を持つ「東京大学医学部付属病院」。nipt検査は、東大病院内の「東大病院 女性診療科・産科」にて実施しています。こちらでは、東大病院の特徴やniptに関する費用について紹介します。

東京大学医学部附属病院の特徴

東大病院 女性診療科・産科について

文京区本郷にある東京大学医学部附属病院は、国内でもトップレベルの医療を受けられる医療機関です。女性診療科・産科でも、東大病院が持つ環境や技術を惜しみなく妊婦や胎児のために提供してくれると定評があります。

出産前診断のnipt検査については、日本医師会がniptを安心して受けられる施設として認定しています。東京大学医学部附属病院内には、「東大病院 女性診療科・産科」という科目があり、その産科専門外来「総合周産期遺伝外来」でniptを実施しています。

さまざまな出生前検査に対応可能

東大病院の遺伝外来では、流産のリスクが少ないnipt検査のほかに、クアトロテスト、妊娠初期超音波スクリーニングや、確定検査の絨毛検査、羊水検査など、幅広い検査を行うことができます。

総合周産期センターという強みを活かし、検査を実施する前には必ず遺伝学に詳しい専門医師が遺伝カウンセリングを実施。検査についての正しい情報や内容を説明します。その後の検査や検査結果の対応まで、専門医が責任を持って対応します。

東大病院では、特に妊娠初期超音波スクリーニングに力を注いでいるようです。

niptの対象者について

niptは、母体血液から21トリソミー(ダウン症候群)と18トリソミー、13トリソミーの染色体異常を検出する検査です。遺伝外来では全患者さんに対し、超音波検査を行って胎児の状態を見て評価します。

niptは、妊娠10週目以降から検査が可能です。東大病院では妊娠15週までの方を対象にして、毎週火曜と木曜の午後に実施しています。対象者は下記のような方です。

このように東大病院では、原則として東大病院で分娩する予定の方に限ってniptを行っています。nipt以外の出生前検査については、他院に通院している妊婦さんでも外来を受けつけているようなので、詳しくは直接問い合わせてください。

nipt検査は確定検査でないため、万が一結果が陽性になった場合は羊水検査や絨毛検査を受検することになります。

東京大学医学部附属病院の検査費用

NIPT検査 210,000円
初期胎児超音波 7,500円
クアトロテスト 16,200円
絨毛染色体検査+処置料 135,600円
羊水染色体検査料+処置料 115,600円

上記の金額以外に、遺伝カウンセリング料がかかります。結果がわかるまで2週間ほど必要です。

東大病院のnipt検査費用は、カウンセリング料などを含めると相場より若干高めのようです。さらに結果が陽性となった場合の「絨毛検査」や「羊水検査」も、相場の10万円より高めと言えるでしょう。

東京大学医学部附属病院の基本情報

住所 〒113-8655 東京都文京区本郷7-3-1
アクセス 丸の内線・都営大江戸線「本郷三丁目駅」より徒歩10分
予約 03-5800-8630
予約以外のお問い合わせ 03-3815-5411(代表)
公式サイト https://www.obstetrics-htu.jp/