出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 東京でniptが受けられるクリニック » 帝京大学医学部附属病院

帝京大学医学部附属病院

こちらのページでは、帝京大学医学部附属病院の特徴とniptに関する費用について紹介します。

帝京大学医学部附属病院では、検査を行う前にしっかり情報提供をすることで、患者自身が適切に知識を持ったうえで、納得のいく選択ができるようにサポートしてくれます。

帝京大学医学部附属病院の特徴

NIPTコンソーシアムの共同研究施設

帝京大学医学部附属病院は、NIPTコンソーシアムの共同研究施設の一つです。NIPTコンソーシアムとは、niptの国内導入にあたり、適切な遺伝カウンセリングによって情報提供可能な検査体制を構築。一般社会や医師・遺伝カウンセラーにniptについての正確な知識・情報を発信することを目的として活動している組織です。

臨床研究も実施し、niptに関する専門的な知識を豊富に持っている組織に所属している病院です。幅広い疑問や不安を相談したうえで、検査にすすむことができます。

専門家による遺伝カウンセリング

帝京大学医学部附属病院では、専門の遺伝カウンセリング外来が設置され、積極的に取り組んでいる姿勢が伺えます。遺伝カウンセリング外来の対象となる人は、がんと診断され、遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC)、家族性大腸腺腫症(FAP)、リンチ症候群などの遺伝性腫瘍が疑われる方とその家族です。

実際のカウンセリングは、遺伝が関わる病気を専門とした認定遺伝カウンセラーが行います。患者自身の病歴と家族歴(祖父母、いとこ、孫等を含む)、不安や疑問について詳しく聞いたうえで、確定診断のために遺伝子検査を受けるかどうかも含めてアドバイス。また、最新の正しい医学的情報を分かりやすく説明してくれるでしょう。

また、niptについて十分に理解したうえで、納得のいく選択や行動ができるようにサポートしてもらえます。認定遺伝カウンセラーの他、乳腺外科医、産婦人科医、小児科医、及び腫瘍内科医、また遺伝看護専門看護師、助産師などの複数の診療科と専門職が1つのチームとしてフォローアップを実施しています。

遺伝カウンセリング外来の遺伝相談は月曜日のみの対応なので、事前に予定を確認したうえで受診を検討しましょう。また、受診の際には血縁者の病歴が分かる資料や自身の診断書などがあると、スムーズにカウンセリングが進むでしょう。

産婦人科も併設されている

帝京大学医学部附属病院には、産科・婦人科も併設されています。nipt検査自体、帝京大学医学部附属病院で出産予定の妊婦に提供しているということなので、合わせてこちらにもお世話になることでしょう。

産科では、総合周産期母子医療センターの充実によって、ハイリスク妊娠にも24時間体制で対応しています。助産師による外来も利用可能です。

婦人科では、断片的に個々の病態に対応するのではなく、小児・思春期~中高年まで、女性の一生を広く視野にいれたうえで、ひとりひとりの今にどう対応するかを考えるという方針を基本理念しています。ライフステージの変化に合わせて利用できる病院です。

産婦人科も遺伝カウンセリング外来との協力体制にあるので、何か万が一のことがあったときにも対応してもらえるうえに、スムーズな流れで相談することができるでしょう。

東京でniptをお考えの方へ
\当日予約もOK/
予約が取りやすいクリニックはこちら

帝京大学医学部附属病院のniptの費用

nipt基本検査記載なし
遺伝カウンセリング初診8,800円(税込)
遺伝カウンセリング再診5,500円(税込)

帝京大学医学部附属病院のHPには、nipt検査の費用の記載はありませんでした。費用が気になる人は問い合わせるか、遺伝カウンセリングの際に聞いてみましょう。

帝京大学医学部附属病院の基本情報

住所 〒173-8606 東京都板橋区加賀2-11-1
アクセス JR埼京線 十条駅より徒歩10分
予約
お問い合わせ
03-3964-1211(代)
公式サイト https://www.teikyo-hospital.jp/