出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 東京でniptが受けられるクリニック » 昭和大学病院

昭和大学病院

産婦人科だけじゃなく、さまざまな診療科がある昭和大学病院。niptなどの出生前診断にも力を入れているようです。早速詳細をご紹介します。

昭和大学病院の特徴

専門の医師や認定遺伝カウンセラーによるカウンセリング

昭和大学病院ではniptを受ける場合には、全ての方にカウンセリングを実施しています。検査を行う前に1度実施し、その後検査の結果のときに2回目を行う流れです。そのカウンセリング時に何か分からないことがあれば相談するようにしましょう。
カウンセリングに対応してくれるスタッフは認定遺伝カウンセラーや臨床遺伝専門の医師です。そのためniptの専門家ともいえる存在なので、より詳しく解説してくれます。また様々な症状のケースに対応してきた経験も豊富。妊婦一人ひとりに対して丁寧に接し状態を把握、妊婦が抱える不安を察知して、より適切なケアを望めます。

niptにおけるカウンセリングはさまざまで、中には名ばかりのカウンセリングを実施しているところもあるのだとか。その点、昭和大学病院では一方通行にはならないカウンセリングを心掛けているため、何かと不安の多い時期には心強いと言えます。

産科ハイリスク(超音波)外来にも対応

昭和大学病院の特徴は、産科ハイリスク(超音波)外来に対応しているという点。産科ハイリスク(超音波)外来とは多胎や合併症妊婦、子宮内胎児発育不全、胎児付属物異常など、周産期におけるハイリスク症例に対し徹底的に管理を行ってくれます。 そのため参加リスクが高い症例であっても出産に臨むことができるでしょう。
昭和大学病院では妊婦が安心して出産を行えるような環境を目指しています。過去の妊娠時に経験した妊娠合併症への相談や、流産を繰り返している方の相談・検査などを実施。どのような方でも出産に臨める体制を整えてくれるでしょう。また出産後も新生児治療がスムーズに行えるように、連携体制も万全です。

さまざまな診療科がある病院

昭和大学病院は、その名の通り大学病院です。そのため多くの診療科が存在しています。産婦人科以外にも呼吸器や消化器など複数です。妊婦が何らかの既往歴がある場合にも安心して検査が行えるように専門の医師同士の連携も密に行っています。どのような症状の場合にも適切にケアすることができる点はこの病院のメリットと言えます。
また胎児にもしもの時があっても、迅速に対応できるのも昭和大学病院の魅力です。病院全体で一丸となり、出産に向けてのサポートが期待できます。

昭和大学病院は、基本的に予約が必須です。そのためniptなどの検査を考えている方は一度電話やwEBで連絡することをおすすめします。

東京でniptをお考えの方へ
予約が取りやすいクリニックはこちら

昭和大学病院のniptの費用

基本検査 約160,000円~200,000円
(自費初診料、遺伝カウンセリング料、検査実費料)

公式サイトによると、昭和大学病院のniptにかかる費用は、合計16万円程度かかるとの記載と20万円程度かかるとの記載、2種類ありました。詳細内訳は書いてないため、直接お問い合わせすることをおすすめします。
遺伝カウンセリングを行った後、nipt以外の出生前検査を受ける場合は、その検査の費用が別途かかります。

昭和大学病院の基本情報

住所 〒142-8666 東京都品川区旗の台1-5-8
アクセス 東急大井町線、池上線旗の台駅より徒歩約5分
予約 03-3784-8522
公式サイト https://showa-f-labo.resv.jp/reserve/calendar.php