出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 東京でniptが受けられるクリニック » 東邦大学大森病院

東邦大学大森病院

最寄り駅から徒歩7分程度の「東邦大学大森病院」について紹介します。2回の丁寧なカウンセリングを行ってくれて、検査の不安を解消してくれる病院なのでチェックしてくださいね。

東邦大学大森病院の特徴

専門の医師や認定遺伝カウンセラーによるカウンセリング

東邦大学大森病院ではNIPTを実施する前にカウンセリングを必ず行います。少なくとも2回は実施する必要があり、専門の医師やカウンセラーなどカウンセリングのプロとも言える存在が対応。
そのため、より専門的な視点でアドバイスなどを行ってくれるでしょう。また検査への不安についても適切にフォローしてくれるのも魅力的です。
カウンセリングには別途費用が掛かってしまうのでご注意を。東邦大学大森病院においては1回目1万円、2回目は6千円がかかります。もしカウンセリング後にniptを行わない場合にもカウンセリング費用はかかってしまいます。

しかし検査前に説明を聞くことによって、不安なく検査を受けることができるメリットもあります。またトラブルを回避することもできるでしょう。陽性判定の意味などしっかり把握してから検査をどうするのか検討してください。

陽性の場合、羊水検査は実費負担なし

NIPTは精度が比較的高い出生前診断の一つですが確定診断ができるものではありません。そのため陽性判定が出た場合には、確定診断を受ける必要があります。確定診断のひとつが羊水染色体検査です。

東邦大学大森病院の場合、niptにおいて陽性判定が出た方に対し、この羊水染色体検査は実費ゼロで対応してくれます。全額病院側が支払ってくれるため、経済的負担がかからないでしょう。羊水染色体検査は比較的高額な検査になるため、実費負担がないのは非常に嬉しい点と言えます。

niptは、どのような結果が出るのか誰にも分かりません。だからこそ、もしもの判定に対しても考えておくようにしましょう。しっかり考えてから検査を受けることで、精神的なストレスも最小限に抑えることができるでしょう。

梅屋敷駅から徒歩7分という立地

妊婦のカラダで長距離を歩くのは非常に大変なことです。とくにNIPTを受ける時期は妊娠初期の頃のため、つわりなどで苦しんでいる方も多いでしょう。
東邦大学大森病院は大田区の中心、蒲田駅近くにあり、蒲田駅からバスで4分、最寄り駅でもある京急の梅屋敷駅からは徒歩7分という、比較的利便性の良い場所にあります。

niptは検査を行う適正な時期が定められています。つわりで来れないなどの場合には検査自体が受けられない恐れもあるでしょう。いつ頃検査を受けるのかは、しっかり医師と話し合って検討することが大切です。

東京でniptをお考えの方へ
予約が取りやすいクリニックはこちら

東邦大学大森病院のniptの費用

基本検査 210,000円
遺伝カウンセリング2回分(1回目:10,000円、2回目:6,000円)
計226,000円(税別)

niptの検査自体は21万円ですが、カウンセリング料が別途かかります。費用は余裕をもって準備するようにしましょう。

東邦大学大森病院の基本情報

住所 〒143-8541 東京都大田区大森西 6-11-1
アクセス 京浜急行線 梅屋敷駅から徒歩約7分/JR蒲田駅からバス約4分(東口2番バス乗り場から「大森駅」行きに乗車「東邦大学」下車すぐ)/JR大森駅からバス約12分(東口1番バス乗り場から「蒲田駅」行きに乗車「東邦大学」下車すぐ)
お問い合わせ 03-3762-4151
公式サイト https://omori-nipt.resv.jp/reserve/calendar.php