出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 東京でniptが受けられるクリニック » 日本医科大学付属病院

日本医科大学付属病院

文京区にある日本医科大学付属病院は明治43年に創立し、現在は内科系20科、外科系19科、救急・総合診療センターを抱える歴史ある医療機関です。こちらでは、日本医科大学付属病院の特徴とNIPTに関する費用についてお伝えします。

日本医科大学付属病院の特徴

同院に通院中の方のみNIPTの提供あり

日本医科大学付属病院でNIPTが受けられるのは、同院に通院・出産予定の方のみとなっています。こちらでNIPTを受けたいという方は、転院の手続きが必要。また、電話での問い合わせには対応不可となっているようなので、直接相談に行きましょう。遺伝の専門医や看護師をはじめとするスタッフと一緒に話し合える環境が用意されています。

日本第1号の救命救急センターを設立した病院

昭和52年に日本で最初の救命救急センターを設立。時代の流れに応じた新しい医療を提供することが大切だと考え、救急医療にも力を注いできた歴史があります。現在では、重症治療部門を一元化した国内最大のベッド数(60床)を有する高度救命救急センターになりました。

断らない医療を実践

24時間体制で救急対応を行っている日本医科大学付属病院。軽症の患者も対象としているため、救急・総合診療センターを設けました。どの科を受診すればよいのか迷うケースに、必要に応じて専門科と連携を取って断らない医療を実践しています。

患者支援センターを充実

地域の医療機関との連携も欠かせません。医療連携部門・がん相談支援センター・療養支援部門・患者相談窓口の4つの窓口を設けて、専門スタッフが患者やその家族の抱える問題を解決するためサポートします。

安心の院内アメニティ

快適に過ごす・利用することができるよう、アメニティも充実。コンビニエンスストア・コーヒーショップ・レストランがあり、外来受診の時や面会があった際に気軽に利用できます。各店舗前にはモニターが設置されているので、受診や検査の順番を逃すこともありません。

無料巡回バスが運行

JR各駅からは距離がある日本医科大学付属病院。平成30年5月より無料巡回バスが運行しています。日本医科大学付属病院とJR「駒込駅」・JR「日暮里駅」・日本医科大学腎クリニックとを結び、JR線を利用する方にも便利になりました。(日祭日・創立記念日は運休)

日本医科大学付属病院のNIPTの費用

初診8,000円
再診4,000円

NIPT検査は、日本医科大学病院で出産予定の方のみ受け付けています。

費用についてWEBに記載はありません。日本医学会認可医院ですので、20万円前後の可能性が高いです。

NIPT検査後に羊水検査を受ける可能性も考慮し、30万円相当の予算は考えて検査を受けることをおすすめします。

日本医科大学付属病院の基本情報

住所東京都文京区千駄木1-1-5
アクセス東京メトロ南北線「東大前駅」より徒歩5分/東京メトロ南北線「本駒込駅」より徒歩8分
予約
お問い合わせ
03-3822-2131(平日8:00~11:00/11:30~15:00 土曜8:00~11:00/11:30~14:00)
公式サイトhttps://www.nms.ac.jp/hosp/section/heredity.html