出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 東京でniptが受けられるクリニック » 国立成育医療研究センター

国立成育医療研究センター

認可施設である「国立成育医療研究センター」について紹介します。検査前の丁寧なカウンセリングに定評があるので、検査に不安がある方は相談してくださいね。

国立成育医療研究センターの特徴

遺伝カウンセリングを行う専門外来

NIPTコンソーシアムの指針では、niptは正しい知識を身に付けて行うことが大切だと言われています。安易に検査を受けてしまうと、精神的ストレスが余計にかかってしまう恐れもあるでしょう。
国立成育医療研究センターなら出生前遺伝学的検査を受ける方は全員、遺伝カウンセリングを行うための専門外来を受診する必要があります。専門の外来のため、より詳細に検査について説明してくれるでしょう。また何か不安なことがあっても、専門の医師に相談することが出来るのも特徴的。

もちろんカウンセリングを受けるために数回受診する必要があるため忙しい方にとっては負担に感じてしまうかもしれません。しかし丁寧に一人一人にカウンセリングしてくれるので、検査への不安を払拭することに繋がるとも言えるのです。

安易に検査を受けずに、しっかり検査のメリット・デメリットを把握することは大切です。少し時間に余裕のある人は、一度カウンセリングを受診してみてください。

日本産科婦人科学会における認可施設

日本産科婦人科学会ではniptを行う施設に対し厳しい条件を定めており、その条件を満たした施設を認可施設として定めています。

国立成育医療研究センターは、その条件をクリアした認可施設です。そのためniptに詳しい医師や看護師、カウンセラーなどの専門家が在籍していると言えるでしょう。専門家が適切に検査を行ってくれるため、より心強いとも考えられます。日本産科婦人科学会での条件は、大きな病院でしかクリアできないケースがほとんどです。そのため個人で行っているクリニックや小さな規模のクリニックは認可外となってしまうケースも。
国立成育医療研究センターでniptを受ける場合、このセンターかまたは医療連携可能な施設に通院していることが条件となります。この条件をクリアしている妊婦さんは検討してみてはいかがでしょうか?

妊婦検診や分娩にも対応可能

niptの認可施設でもある国立成育医療研究センターは、妊婦検診や分娩にも対応可能です。そのため検査のために別の病院やクリニックを受診する必要はありません。
同じクリニック内で対応してくれるため、精神的ストレスも少ないと言えます。また検診の結果、陽性判定が出た場合にも、迅速に対応することが可能です。何度も顔を合わせた医師であれば、信頼関係も築かれており何でも相談しやすいメリットもあります。

また、国立成育医療研究センターは産後ケアにも力を入れているようです。そのため検診から分娩、出産後に至るまでトータル的にサポートを任せられる点は心強いの一言。大きな病院の方が信頼が持てる方や認可施設が良い方、行き慣れた病院の方が良い方などに最適な病院です。気になる方は、一度電話などで問い合わせることをおすすめします。

東京でniptをお考えの方へ
予約が取りやすいクリニックはこちら

国立成育医療研究センターのniptの費用

基本検査 約180,000円
検査前の遺伝カウンセリング料(初診料):約10,000円
結果開示時の遺伝カウンセリング料(再診料): 約6,000円

国立成育医療研究センターの基本検査は約18万円になっています。認可施設としては比較的リーズナブルな印象です。
ただし別途カウンセリング費用などが発生する可能性もあるので注意が必要です。

国立成育医療研究センターの基本情報

住所 〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2-10-1
アクセス 小田急線 成城学園前駅北口より車で5分
予約 03-5494-7300
公式サイト https://www.ncchd.go.jp/hospital/pregnancy/saniden/nipt.html