出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 埼玉でniptが受けられるクリニック » 埼玉医科大学

埼玉医科大学

埼玉県入間郡にある埼玉医科大学病院は、埼玉県西部の基幹病院として地域医療を担ってきました。こちらでは、埼玉医科大学病院の特徴とNIPTに関する費用についてお伝えします。

埼玉医科大学病院の特徴

10週目以降からNIPTに対応

埼玉医科大学病院では、妊娠10週目以降からNIPTの検査を受け付けています。相談自体は、妊娠が分かった時点から受けられるため、気になる方は詳しく聞いてみるのも良いかもしれません。また、NIPTを受けるにはその他にもいくつかの条件があるため、初回はカウンセリングのみ。カウンセリング時は、夫婦同伴が必須条件ですので、事前に予定を合わせて行きましょう。

婦人科系の悩みに幅広く対応

埼玉医科大学病院産婦人科では、遺伝外来や不妊外来、超音波外来、妊娠外来といった専門外来のほか、女性特有の腫瘍や思春期の悩みなど、婦人科系の悩みに幅広く対応しています。若年層から高齢の方まで相談できる医療体制が特徴です。

プライバシーに徹底的に配慮

産婦人科では、患者さんのプライバシーを最優先するため、他科を診療する患者さんと異なる待合室を用意。また、妊婦外来と婦人科外来も構造として完全に分けているため、周りの目を気にすることなく治療に専念できます。

他科との連携に注力

小児科や内科、外科など、他科との連携にも注力している埼玉医科大学病院産婦人科。必要な時には、迅速に連携を組むことができます。妊娠中だけでなく出産後も引き続き相談できるのが魅力です。

断らない診療

埼玉県の搬入困難事案受入医療機関支援事業に協力しており、搬送先が見つからない救急車を受け入れる病院として「断らない診療」をスローガンにしています。周辺医療機関との連携が重要となる問題であり、埼玉医科大学病院が主体となって情報交換会を開催し、連携の強化を図っているのです。

幅広い患者に対応できる救急

埼玉医科大学病院にある救急部門は「救急センター・中毒センター」といいます。救急患者の対応はもちろんのこと、医薬品や家庭用品などによる中毒、一酸化炭素などの有毒ガス、毒キノコなどの自然毒も診療の対象となります。

院内施設が充実

売店をはじめ、レストラン・カフェ・ファストフード・書店・郵便局などがあり、院内施設は充実しています。外来受診の待ち時間や、面会時に活用できます。

埼玉医科大学病院のNIPTの費用

検査費用21万円~
初回カウンセリング料5,000円(税別)

羊水検査を含めて30万円相当の予算を考慮し、検査を受けることをおすすめします。

その他の出生前診断を受ける際には、別途費用が必要となります。

埼玉医科大学病院の基本情報

住所埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
アクセスJR埼京線「毛呂駅」より徒歩3分
予約
お問い合わせ
産婦人科外来 049-276-1297(平日15:00~17:00)
公式サイト http://www.saitama-med.ac.jp/hospital/division/33gynecology/index.html