出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 大阪でniptが受けられるクリニック » 大阪市立総合医療センター

大阪市立総合医療センター

大阪府エリアでniptが受けられる認可クリニック「大阪市立総合医療センター」の、nipt検査の詳細や検査結果の確立などの詳細について紹介します。

大阪市立総合医療センターの特徴

基本検査のみに対応

nipt検査は、妊婦さんから20cc程の採血で血液中のDNAを分析し、胎児の21トリソミー、18トリソミー、13トリソミーを調べます。大阪市立総合医療センターのnipt検査で検出できるのは先天性の疾患と染色体疾患です。

染色体の異常に関しては、ダウン症候群などの21トリソミー症候群、18トリソミー症候群、13トリソミー症候群の3種類の数的異常が分かります。このセンターでは、微小欠失検査などの染色体疾患や遺伝子異常に関する検査には対応していません。

nipt受検対象者が限られている

大阪市立総合医療センターでnipt検査を受けられるのは、12週目~15週目の妊婦さんで、以下の条件のいずれかにあてはまる方だけです。

大阪市立総合医療センターではnipt検査の前後の遺伝カウンセリングを行い、アンケート調査に協力していただける方を対象にしています。
その際、明らかに胎児に形態異常が証明されている場合は、nipt検査ではなく確定的検査である羊水染色体検査をすすめる場合があります。

公式サイトで検査結果の確率を明記

nipt検査の結果は陽性・陰性と出ますが、1%以下の頻度で判定保留になることもあります。陰性は、赤ちゃんが染色体などの病気でない確率がは99.9%で、偽陰性率は0.1%以下です。

こうした詳しい説明が書かれていることは、これからniptを受ける妊婦さんにとってとても有益な情報となります。同センターへの信頼性にもつながると言えるでしょう。

陽性の判定とは

大阪でniptをお考えの方へ
予約が取りやすいクリニックはこちら

大阪市立総合医療センターのniptの費用

基本検査210,000円

nipt検査は基本検査で200,000円前後が相場なので、大阪市立総合医療センターは平均的と言えます。

nipt検査で陽性が出た時に受ける羊水検査には約100,000円ほどかかりますが、保険は適用にならず全て自費になるため、nipt検査を受ける際には300,000円以上のお金を準備しておくと安心です。

大阪市立総合医療センターの基本情報

住所大阪市都島区都島本通2-13-22
アクセスsaka Metro(谷町線)都島駅 2番出口から西へ徒歩3分
予約
お問い合わせ
06-6929-1221(代表)平日9:00~17:00
公式サイトhttp://www.osakacity-hp.or.jp/ocgh/inv/spe/chrom.html