出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 大阪でniptが受けられるクリニック » 大阪大学医学部附属病院

大阪大学医学部附属病院

大阪府エリアでniptが受けられる認可クリニック「大阪大学医学部附属病院の特徴」を紹介します。nipt検査を受ける条件や費用などを説明します。

大阪大学医学部附属病院の特徴

nipt検査を受けるための条件あり

nipt検査を受けられるのは、以下のいずれかの条件を満たした妊婦さんに限ります。条件を満たしていない方は、nipt検査を受ける事はできません。

nipt検査で胎児に高い可能性で形態異常が見られた場合(陽性)は、 確定検査である羊水検査を受ける事になります。ただし、羊水検査の費用は保険適用にはならないため自費になります。

かかりつけ医からの事前予約が必要

大阪大学医学部附属病院では今までは事前予約は不要でnipt検査が可能でしたが、年々検査の希望者が増え、予約無しで来る方を長時間待たせてしまう事が多くなったため、現在は、かかりつけの産科からの事前予約が必要になりました。
そのため、nipt検査を希望する方は、かかりつけ医の医師と相談の上で予約してください。

ただし、nipt検査を受けるにはいくつかの条件があるため、条件を満たしていない方は予約が出来ません。
予約方法としては、FAXが望ましいようです。

nipt検査は臨床研究の一環として提供

大阪大学医学部附属病院でnipt検査を受ける場合は、臨床研究の一環として行われます。よって、研究参加をするためにはいくつかの条件があり、妊婦さんや胎児の登録や追跡調査などの臨床研究に協力を了承できる方が対象となります。

臨床研究の一環と言えど、nipt検査は、妊婦さんから20mlほどの採血で胎児の染色体疾患などの可能性を調べる検査で、胎児や妊婦さんの身体に負担を与えることが少ない検査といわれています。

nipt検査はあくまでも可能性であって確定できる検査ではなく、陽性の結果が出た場合は羊水検査をすることでより詳しい結果を知る事ができます。妊娠10週以降の妊婦さんが対象で、羊水検査は16週以降に行われるため、確定診断までには時間がかかります。

大阪でniptをお考えの方へ
予約が取りやすいクリニックはこちら

大阪大学医学部附属病院のniptの費用

基本検査記載なし

niptの費用については、カウンセリングの時に説明があるようで、WEBには記載はありません。
nipt検査で陽性結果が出た時に行う羊水検査の費用は自費になるため、nipt検査を行うならそれなりに検査費用を見ておく必要があります。

大阪大学医学部附属病院の基本情報

住所大阪府吹田市山田丘2-15
アクセス大阪モノレール「阪大病院前」下車
予約
お問い合わせ
06-6879-6558
公式サイトhttps://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/