出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 大阪でniptが受けられるクリニック » 国立循環器病研究センター

国立循環器病研究センター

大阪府エリアでniptが受けられる認可クリニック「循環器病研究センター」の、niptへの取り組みや目的、検査にかかる費用などを説明します。

国立循環器病研究センターの特徴

nipt検査後のサポート体制の充実

国立循環器病研究センターではnipt検査の特性上、遺伝カウンセリングやサポート体制を整えて、nipt検査の結果が陽性の場合も中絶を誘導しないで育てていける研究を進めています。

niptの臨床研究では、検査後の妊娠さんの状況を継続的に把握しサポートを継続していくことが目的なので、niptに関する研究で染色体の数的変異が出た場合も、中絶に誘導することは決してありません。
国立循環器病研究センターのniptの意図は、nipt検査を希望の妊婦さんには正確な情報を伝え、検査で陽性が出た場合も正しい意思決定ができるようサポートしていくことです。

niptで陽性検査が出た場合も確定診断である羊水検査を受ける場合も遺伝カウンセリングがありますが、夫婦で話を聞くことが義務付けされているので、niptや羊水検査に関して不安なことや分からない事があれば、納得いくまで説明をしてもらいましょう。

niptの共同研究を行なっている

日本ではniptの検査は2013年4月から施行開始されました。
国立循環器病研究センターでも、同時期からniptに関する共同研究を行なっています。
特に、心疾患や先天性心疾患などのリスクの高い妊婦さんで、nipt検査を希望の方を対象に検査を施し、研究を行ないます。

nipt受検対象となる条件がある

検査前遺伝カウンセリングは、毎週火曜日の9:30~12:00に行っています。nipt検査対象になるのは、妊娠14週未満の方です。以下、検査の流れになります。

  1. 遺伝カウンセリング
  2. 検査に同意→採血。
  3. 結果説明(2週間後)毎週火曜日 13時~14時
  4. 検査結果が陽性の場合は羊水検査を行ないます。(日にちは別日)

遺伝カウンセリング無しではnipt検査は受けられず、検査前の遺伝カウンセリングは必ず夫婦で来院が必須です。

大阪でniptをお考えの方へ
予約が取りやすいクリニックはこちら

国立循環器病研究センターのniptの費用

基本検査200,000円

nipt検査の相場は200,000円前後なので、国立循環器病研究センターのnipt検査費用は平均的です。
認可施設なので、なかなか予約を入れるのが大変なことと、nipt検査対象の条件があるため、全ての妊婦さんが受けられるわけではありません。
nipt検査を受ける前には検査前遺伝カウンセリングを行いますが、nipt検査を受けない場合にカウンセリング料として10,000円(税別)がかかります。

国立循環器病研究センターの基本情報

住所大阪府吹田市岸部新町6番1号
アクセスJR京都線「岸辺」駅より約300m(連絡通路で直結)
予約
お問い合わせ
06-6170-1070(代表) 遺伝相談室(伊田)
毎週水曜日 10時~12時(それ以外の時間帯では予約はお取りできません)
公式サイトhttp://www.ncvc.go.jp/hospital/section/genome/clinicalgene/nipt.html