出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 北海道でniptが受けられるクリニック

北海道でniptが受けられるクリニック

北海道エリアで遺伝子診療が受けられる病院をご紹介します。

【niptクリニックナビが独・自・調・査】
北海道でniptを受けるための注意点とは?

北海道でnipt検査を受けられるクリニックは少なく、年齢35歳以上、妊娠に何らかのリスクを抱えている方に限定されています。該当の方でも必ずnipt検査が受けられるわけではなく、医師によって検査が必要か判断される医院がほとんどです。
胎児に不安がある方は、まずは遺伝子診療のカウンセリングを受ける事をおすすめします。

35歳の高齢出産の方や、かかりつけ医で妊娠になんらかのリスクを診断されたかたは、まずは遺伝子診療のカウンセリングを受けてniptを検討してみる事をおすすめします。

そんな北海道のnipt事情でも、当日予約ができ、年齢制限のないクリニックもあります。

北海道でniptを受ける前に…

北海道エリアでniptのクリニック選びをする際に、知っておきたい3つのポイントを紹介します。

検査をしている病院でも認可と認可外がある

niptの検査機関は認可施設と認可外の施設があります。認可施設とは日本産科婦人科学会の検討委員会によって決められた、指針や検査方法に従えると認定された医療機関です。主に大学病院や基幹病院などが認可されています。

認可外はそれ以外の施設のことです。認可施設は下記の条件に当てはまる人のみ検査ができます。

認可外の施設では、上記のような検査する対象者を限定していません。希望すれば誰でも受けられるのが特徴です。

北海道エリアでのniptの費用はどう?

niptの検査費用は、遺伝カウンセリングを含んで18~21万円が相場価格です。公式サイト上では北海道エリアの認可施設の費用は確認できませんでしたが、医師学会の認可施設のため相場より大きく上回ることはないでしょう。

niptを受けることで起こりうるリスク・デメリットは?

3つの染色体異常が高い精度で判明するniptは、母体とお腹の赤ちゃんに身体的なダメージを与えず簡単に検査できることが特徴です。

その一方で、検査前に夫婦でしっかりと話し合ってから受検しないと、陽性となった場合に大いに戸惑うことになります。また非常にまれですが、「偽陽性」「偽陰性」といったエラーも起こりえます。niptを受検する際は、周囲に相談できる専門家がいることが大切です。

医療法人社団 石史山会 ゴールデンゲートクリニック

当日予約:可

年齢制限:なし

陽性のときの羊水検査:自己負担なし

結果までの日数:最短6日

住所北海道札幌市中央区大通東4丁目1-19 大通東やまむらセンタービルB1F
アクセスバスセンター前駅徒歩1分(直結)
  1. 地下鉄東西線「バスセンター前駅」で下車したら、8番出口へ向かってください。
  2. ゴールデンゲートクリニックは8番出口に直結しており、地下1階に入っています。
  3. 改札からはクリニックまで徒歩1分です。
niptの費用 (A)基本検査費用:180,000円(税抜)
・13,18,21トリソミー検査
・性染色体検査
・性別判定
(B)全染色体検査費用:210,000円(税抜)
・1番~22番トリソミー検査
・性染色体検査
・性別判定
(C)微小欠失検査費用:230,000円(税抜)
・1番~22番トリソミー検査
・性染色体検査
・微小欠失検査(1p36欠失症候群、4p欠失症候群、5p欠失症候群、プラダー・ウィリ症候群、アンジェルマン症候群、22q11.2欠失症候群)
・性別判定
予約
お問い合わせ
0120-220-944

医療法人社団 石史山会 ゴールデンゲートクリニックのここに注目!

ゴールデンゲートクリニックは、札幌駅近く、地下鉄バスセンター前駅に構えるクリニックです。全国にネットワークを持ち、『新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査』において提携医院全体で受診した妊婦さんの満足度97%※の「NIPT平石クリニック」の提携院となります。日曜は休診日となりますが、月~土まで診療しています。
北海道でniptを受けるとなるとかなりクリニックが限られてしまいますが、このクリニックでは年齢制限もなく、予約をとって採血をするために一日クリニックに行くだけでnipt検査が受けられます。結果もメールで送ってもらるため、北海道でも遠方にお住いの方はぜひご検討を。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年1-7月,新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査。

ゴールデンゲートクリニックのnipt検査の流れ

  1. ゴールデンゲートクリニックは、東京にあるnipt平石クリニックと提携しています。
  2. 平石クリニックの公式サイトにある申し込みフォームか、予約センターへ電話して予約を入れます。
  3. 予約日時にクリニックへ行き、同意書にサインをして問診と採血を実施します。
  4. 検査日から1週間前後で結果が判明。メールにて報告されます。

ゴールデンゲートクリニックの口コミ・評判

ゴールデンゲートクリニックに在籍している医師:大坪英則先生

ゴールデンゲートクリニックの責任者である大坪医師は、同じビルに入っている医療法人石史山会「北海道スポーツクリニック」の副院長も務めています。主に整形外科を専門としており、医学博士の資格も取得しています。

ゴールデンゲートクリニックの外観・院内の様子

ゴールデンゲートクリニックは、医療法人石史山会「北海道スポーツクリニック」の提携クリニックとして位置付けられています。そのため北海道スポーツクリニックと同ビル内、地下1階にあります。

ビルの外観は、スタイリッシュなグレー系のツートンカラー。北海道スポーツクリニックのロゴが大きく掲げられています。ゴールデンゲートクリニックの内装は、エステサロンのようなフェミニンな雰囲気。清潔感あるホワイトをベースに、オレンジ系の照明で柔らかい雰囲気を醸し出しています。

WEB予約はこちら
ゴールデンゲートクリニック

※提携先クリニック
「NIPT平石クリニック」の専用ページに移動します。

TEL予約はこちら
(受付時間 9:00~22:00)0120-220-944

北海道大学 臨床遺伝子診療部

当日予約:記載なし

年齢制限:記載なし

陽性のときの羊水検査:記載なし

結果までの日数:記載なし

住所北海道札幌市北区北14条西5丁目(認可施設)
アクセス南北線「北12条駅」下車徒歩約6分
  1. 地下鉄南北線「北12条駅」で下車し2番出入口へ向かいます。
  2. 2番出口を上ったら、折り返すようにSeicomart (セイコーマート)がある方角へ向かって歩きます。
  3. ひとつめの交差点(北12西3)を渡ってすぐに左折。
  4. 100メートルほど進むと北大病院正門が見えてきます。
  5. 正門から敷地内に入ると右手に駐車場があります。
  6. その奥の建物が外来棟です。
niptの費用【nipt】
費用の記載なし
【カウンセリング】
初診時:1時間まで10,193円、以降30分毎+4,353円
再診時:15分まで2,894円、以降15分毎+2,283円
予約
お問い合わせ
011-706-7022(産科外来 遺伝出生前診断外来専用窓口)

北海道大学 臨床遺伝子診療部のここに注目!

公式サイトにはnipt検査についての詳細がなく、受けられるかどうかは、まず臨床遺伝子診療部でお問い合わせいただくことをおすすめします。また、北海道大学 臨床遺伝子診療部では、妊娠8週目から遺伝カウンセリングを受け付けています。出生前診断は両親揃って受けていただき、カウンセリングを受けるのが望ましく、1時間~1時間半ほどの時間がかかります。

北海道大学病院のnipt検査の流れ

  1. niptを受けるにあたり遺伝カウンセリングが必要です。
  2. 完全予約制なので、本人、またはかかりつけ医が直接「臨床遺伝子診療部(011-706-6025)」へ電話して申し込みをする必要があります。
    ※その後の流れの記載はないので、直接問い合わせてください。

北海道大学病院の口コミ・評判

北海道大学病院 産科に在籍している医師:河口哲先生

北海道大学病院 産科・周産期センターの河口医師は、外来医長も務めています。出生前診断と臨床遺伝学を専門にしており、遺伝カウンセリングも担当しています。日本産科婦人科学会産婦人科専門医や、日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会臨床遺伝専門医資格も取得しています。

北海道大学病院の外観・院内の様子

緑が豊かな北海道大学の敷地内に建つ病院の外観は、サンドベージュカラーの落ち着いた佇まいをしています。外来エントランスロビーには、総合案内、外来受付、清算機などが並んでいます。

エントランスの左手にある中央診療煉にはレストランのロイヤルやコンビニのローソン、サーティワンアイスクリーム、タリーズカフェといった充実した施設が入っているので、スキマ時間を有意義に過ごせそうです。中庭には温室があり、営業時間内であれば自由に入れます。

北海道大学 臨床遺伝子診療部
公式サイトはこちら

札幌医科大学附属病院 産科・周産期科

当日予約:不可

年齢制限:35歳以上

陽性のときの羊水検査:記載なし

結果までの日数:記載なし

住所北海道札幌市中央区南1条西16丁目(認可施設)
アクセス地下鉄東西線「西18丁目駅」下車5・6番出口から徒歩3分
  1. 地下鉄東西線「西18丁目駅」5番出口を出ると「大通西16番」交差点があります。
  2. そこを左折して「セブンイレブン」がある方角へ歩きます。
  3. ひとつめの信号を渡ると札幌医科大学の敷地に入ります。
  4. 大学付属病院は左側の建物です。
niptの費用記載なし
予約
お問い合わせ
011-611-2111(内線3398) 産科・周産期科外来
毎週 火/木曜 午後3時~4時のみ

札幌医科大学附属病院 産科・周産期科のここに注目!

札幌医科大学附属病院でnipt検査を受けるには、市中病院からの紹介状が必要になり、ハイリスクの妊婦さんが対象で以下の条件を満たしている方に限ります。

札幌医科大学附属病院のnipt検査の流れ

  1. 現在通院しているかかりつけ医の紹介状が必要です。
  2. 予約は火曜or木曜の午後3時から4時の間に、産科・周産期科外来(011-611-2111、内線3398)へ直接電話してください。
  3. 遺伝カウンセリングをご夫婦で受診してから検査へ進みます。

※詳しい流れにかんしては、直接ご確認ください。

札幌医科大学附属病院の口コミ・評判

札幌医科大学附属病院に在籍している医師:石岡伸一先生

札幌医科大学附属病院の産科周産期科に務める石岡伸一医師は、主に周産期・遺伝子・腫瘍の分野を専門にしています。日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会 臨床遺伝専門医の資格も取得し、出生前診断のカウンセリングを担当しています。

札幌医科大学附属病院の外観・院内の様子

札幌医科大学付属病院は、積み木のように地上3階建てと11階建てが連なったベージュ色の建物です。外来玄関から院内に入ると天井が高く、ベージュとモスグリーンのインテリアで統一されたいロビーが広がっています。

待合室の奥にはスターバックスが入っているので、お好みのフレーバーを楽しみながら待ち時間を過ごせるでしょう。2階にはイートインコーナーのあるファミリーマートも入っています。外来棟に隣接した臨床教育研究棟には食堂もあります。

札幌医科大学附属病院 産科・周産期科
公式サイトはこちら

旭川医科大学病院 遺伝子診療カウンセリング室

当日予約:不可

年齢制限:35歳以上

陽性のときの羊水検査:記載なし

結果までの日数:記載なし

住所北海道旭川市緑が丘東2条1丁目1-1(認可施設)
アクセス旭川駅からおおよそ15分
  1. JR「旭川駅」の北口東側を出ます。
  2. バスタッチと駐車場の向こうにあるルートイングランドホテルへ向かいます。
  3. ルートインホテル前の「27」バス乗り場から「医大病院前行き」のバスに乗車してください。乗車時間は約30分です。
niptの費用【nipt】
費用の記載なし
【カウンセリング】
初回:10,800円(時間に関係なく)
2回目以降:1時間10,800円(1時間を超える場合は、30分毎に5,400円)
予約
お問い合わせ
0166-69-3055(地域医療連携室)9:00~16:00

旭川医大では以下のような内容の遺伝子診療カウンセリングを受ける事できますが、nipt検査は必ず受けられわけではありません。

旭川医科大学病院のnipt検査の流れ

旭川医科大学病院では2020年10月現在、niptの検査を休止しているようです。

ただ、遺伝子診療カウンセリング室での相談は完全予約制で実施しています。高齢出産による不安や、両親の疾患が赤ちゃんに遺伝するのか?などの不安を抱えている方は、相談されてはいかがでしょうか。

予約の申し込みは、平日9時から16時まで、地域医療連携室(0166-69-3055)で受け付けています。

旭川医科大学病院クリニックの口コミ・評判

旭川医科大学病院クリニックに在籍している医師:横浜祐子先生

旭川医科大学病院の産科に務める横浜祐子医師は、日本産科婦人科学会産婦人科専門医の資格を取得しています。日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会認定の臨床遺伝専門医として、出生前診断の遺伝子診療カウンセリングも担当しています。

旭川医科大学病院の外観・院内の様子

青い空に映える白い建物の「旭川医科大学病院は、地上10階建て。正面玄関から入るエントランスロビーは2階部分になります。動線を考慮した総合案内や受付、清算機が配置され、大きな窓から差し込む光が明るい雰囲気を演出しています。

気が滅入るような待ち時間を快適に過ごせるよう、同2階にはスターバックスが入っています。さらに1階にはコンビニのローソン、隣の棟にはレストラン「ななかまど」も入っています。

旭川医科大学病院 遺伝子診療カウンセリング室
公式サイトはこちら