出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 愛知(名古屋周辺)でniptが受けられるクリニック » あいち栄クリニック

あいち栄クリニック

このページでは、週末も検査対応してくれる「あいち栄クリニック」のnipt検査概要や、クリニックの特徴について詳しく紹介します。

あいち栄クリニックの特徴

「NIPT平石クリニック」と提携しているクリニック

あいち栄クリニックは、日本全国にネットワークを持つ「NIPT平石クリニック」と提携しています。NIPT平石クリニックとは、東京の六本木にある新型出生前診断の専門機関です。niptができる検査機関は、まだまだ少ないのが現状です。

そんな中、街中にクリニックを構える「あいち栄クリニック」で、平石クリニックと同じ条件(検査費用や対象者など)で検査が受けれるのは大きなメリット。つわりが重い妊婦さんなども、わざわざ遠方に出向くことなく受検できるのです。

希望者はだれでも受検できる

NIPT平石クリニックと提携している「あいち栄クリニック」は、希望すれば誰でもniptを受けることができます。

大きな病院では、受検するための対象者が決まっていることがほとんどです。例えば35歳以上の高齢出産の妊婦さんや、過去に染色体異常の赤ちゃんを妊娠した経験がある方、そして配偶者と一緒にカウンセリングを受けるのが必須、という条件が提示されています。

しかしこちらのクリニックは、そのような対象条件の縛りがなく、妊婦さんひとりで検査を受けることも可能です。結果は約1週間後にメールで報告されるので、再来院する必要がないのもメリットです。

検査前後のフォローも充実

検査を受ける前の不安やniptの意義、どのように検査を実施するのか?などの不明点を解消したい方のために、遺伝カウンセラーに電話相談や質問ができます。

また、もし検査結果が陽性と判断された場合、確定診断の羊水検査費用をクリニック側が全て負担してくれるのも大きなポイントです。その際、確定診断についての相談ごとや不安な気持ちをカウンセラーにすることもできます。自己負担なしでの検査や、相談できる相手がいることは、精神的不安を大いに和らげてくれるでしょう。

矢場町駅からのアクセスが良好で土日も開院

あいち栄クリニックは、地下鉄名城線「矢場町駅」からのアクセスが良好です。4番出口から出れば、すぐ目の前という立地は天候を問わず行きやすい立地。栄駅からたった一駅で、移動の負担が軽いのがメリットです。また、土日の対応もしているので、働くプレママにも魅力的。仕事に支障をきたさず受検することができます。月曜と木曜日は休診日です。

事前予約が必要ですが、予約当日に空きがあれば当日検査も可能です。

\当日予約もOK/
予約が取りやすいクリニックはこちら

あいち栄クリニックのniptの費用

基本検査
13、18、21番トリソミー検査 + 性染色体判断
180,000円(税別)
染色体検査
13、18、21番トリソミー検査 + 性染色体検査 + 全染色体検査
210,000円(税別)
全染色体+微小欠失検査
1~22番トリソミー検査 + 性染色体検査 + 微小欠失検査
230,000円(税別)

一般的なniptであれば18万円(税別)で検査ができます。万が一確定検査(羊水検査)が必要になった場合は、クリニック側が検査費用を全額負担してくれます。

あいち栄クリニックの基本情報

住所 〒460-0008愛知県名古屋市中区栄3-31-18 アルティメイトウエダ7F
アクセス 地下鉄「矢場町駅」より徒歩約1分
予約 0120-220-944
予約以外のお問い合わせ 052-684-4353
公式サイト https://www.nipt-clinic.jp/lp/chubu/aichi-nagoya/