出生前診断のWebメディアniptクリニックナビ
新型出生前診断のWebメディア『niptクリニックナビ』 » 愛知(名古屋周辺)でniptが受けられるクリニック » 藤田医科大学病院(旧:藤田保健衛生大学病院)

藤田医科大学病院(旧:藤田保健衛生大学病院)

愛知県の豊明市に立地している藤田医科大学病院。以前は藤田保健衛生大学病院と呼ばれていましたが、2018年10月に藤田医科大学病院へ改称しています。こちらのページでは病院の特徴やniptの検査内容について紹介します。

藤田医科大学病院の特徴

藤田医科大学病院は、学校法人藤田学園が運営する大学病院です。病院はA棟・B棟・C棟・外来棟・放射線棟・検査棟からなり、病床数は1,400以上とかなりの大規模医療機関。40科目以上の専門的診療科を備え、高度先進医療を提供する「特定機能病院」としての機能や総合周産期母子医療センター、基幹災害医療センターなども備えています。

院内施設が充実しているのも見逃せないポイント。レストランやドトールコーヒー、ベーカリー&カフェ、コンビニ、ATMなどがあります。予約時間より早く病院に着いても、時間を有効に使えそうです。

nipt検査の対象条件

日本医師会の認定施設である藤田医科大学病院では、niptの受検対象者に下記のような条件を設けています。

nipt検査を受けるには夫婦の同意が必要です。遺伝カウンセリングと検査(問診や超音波検査)を受けて夫婦で十分に検討したのち、NIPT検査をすると決めたら同意書にサイン。母体採血へと進みます。

他の医療機関で健診している妊婦さんも受付可能

医療機関によっては、NIPT検査をその病院の患者さんか、分娩予定者のみに限っている場合がありますが、藤田医科大学病院ではほかの産婦人科施設に通院中の妊婦さんも検査を受検することができます。その場合、当大学病院内の地域連携室を通じて予約します。かかりつけ医に相談してみましょう。

藤田医科大学病院 産婦人科の周産期検査外来(火曜or水曜)へ受診することになります。NIPTに関わるカウンセリング料や診察料、検査料は全て自費です。

病院へのアクセスは車が便利

藤田医科大学病院は、名古屋市の南東に位置します。

電車を利用すると、名鉄名古屋本線「前後駅」、または市営地下鉄桜通線「徳重駅」よりバスで15~20分ほどかかります。

車を利用する場合は、名古屋第二環状自動車道「鳴海IC」から約10分、伊勢湾岸自動車道「豊明IC」から約15分となっています。駐車場は敷地内に3カ所あるため、マイカーをお持ちの方は車の利用が便利です。

日本医師会の認定医療機関

藤田医科大学病院は、日本医学会がniptが安心して受けられる施設として認定した医療機関の1つです。これはnipt検査をただ実施するだけでなく、検査前と後に適切な遺伝カウンセリングと、心理的ケアを継続的にサポートできる施設に対して認定されるものです。

藤田医科大学病院には臨床遺伝科があり、そこでnipt検査の特色や検査でわかることとわからないこと、陽性結果が出た時の影響などの説明を受けることになります。遺伝カウンセリンセラーは、妊婦さんと配偶者と一緒になって検査を受けるか否かを考える手助け役を担います。

藤田医科大学病院のniptの費用

nipt検査 約180,000円
検査前の遺伝カウンセリング料(初診料) 1時間~1.5時間:10,000円(税抜)
結果開示時の遺伝カウンセリング料(再診料) 1時間:5,000円(税抜)

藤田医科大学病院では、カウンセリングなどを含めると20~21万円となります。この金額はnipt検査の相場価格といえるでしょう。

藤田医科大学病院の基本情報

住所 〒470-1192
愛知県豊明市沓掛町町田楽ヶ窪1番地98
アクセス 名鉄名古屋本線「前後駅」よりバスで15分
市営地下鉄桜通線「徳重駅」よりバスで16分
予約 080-3666-5517(遺伝カウンセリング外来専用)
予約以外のお問い合わせ 0562-93-2111(代表)
公式サイト http://www.fujita-hu.ac.jp/~obgy9294/nipt.html